熊本県と結んだ災害時に於ける徒歩帰宅者支援に関する協定について

/熊本県と結んだ災害時に於ける徒歩帰宅者支援に関する協定について

熊本県と結んだ災害時に於ける徒歩帰宅者支援に関する協定について

2017-12-16T18:18:52+00:00

同協定締結は、「かけこみ110番」事業が今年度で6年目を向え、今年は防犯に防災及び救急救命を加えての充実した事業にしたいと取組んでまいりました。

同協定は大規模災害発生後、知事から支援要請をうけた石商(加盟SS約780ヵ所)で飲料水・トイレ・各道路(ラジオ・テレビなどでの情報)の通行可否・及び地域の避難場所などの情報を提供し一時休憩所的役割を果たすものです。
あくまでもこの協定による支援は、ボランテイア精神により任意で実施するものです。

全国では東京・千葉・大阪など12組合と16自治体と支援協定を結んでいます。九州では熊本県が初めてです。
阪神・淡路大震災をはじめ中越地震・スマトラ沖地震・福岡西方地震・最近ではパキスタン大地震とまた台風水害など自然災害が
後を絶ちません、当県においても他人事とは思えません。先般配布いたしました、災害時点検連絡シート(緊急時対策マニュアルなど)日頃お読み頂きいざと言うときに活用して下さい。
また、すでに3支部(熊本・天草・人吉)で行いました救急救命講習会(普通コース)は各SSに1人以上を目指し今後も講習会を各地で行います。その折には是非受講して下さい。
尚 ご案内さし上げました災害時に緊急車両への給油を行う給油機の手動式「緊急用可搬式ポンプ」を補助を致します。今年度(17年度)は30台限定と致しますので早めにお申し込みください(締切は18年1月31日)なお先着順としますので期限まえに30台達成した場合は締め切らせていただきます。
お尋ねは熊本県石油商業組合  事務局までご連絡下さい
連絡先   096-325-3033までお願いします。
専務理事  福原 修

http://www.k-sekiyusho.jp